正代は感覚派なのに性格“後ろ向き” 初賜杯で脱却できるか

公開日: 更新日:

「ちょっと相手のペースだったんで。足が出てなかったですね。ああいう相撲はケガにつながる。よくない相撲です」

 勝っても反省の弁が口をつくあたり、らしいといえばらしい。

 徳勝龍と並んで、1敗をキープ中の平幕正代(28)。22日は大栄翔のノド輪に苦戦し、なかなか前に出られない。土俵際に押し込まれる場面もあった。それでも何とか逆襲に転じると、相手が土俵際から跳びすさるように横に逃れたところを、タイミングよく押す。勢いがついた大栄翔は止まれず、そのまま土俵を割った。時間にして30秒足らずだが、正代は「あー、疲れた。一番疲れました」とため息だ。

 この正代、とにかくネガティブというか後ろ向きの性格。2015年の新十両会見では「対戦したい力士は?」と聞かれ、「誰とも対戦したくない」とポツリ。横にいた時津風親方(元前頭時津海)に「バカじゃねーの」と呆れられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る