正代が7勝1敗で優勝争い 鳴りを潜めた“ネガティブと悪癖”

公開日: 更新日:

「男子三日会わざれば刮目して見よ」

 このことわざを体現しているのが、快進撃を続けている平幕の正代(28)だ。

 19日は先場所に続いて、大関候補の朝乃山に勝利。相手の激しい突っ張りにも臆せず、逆に圧力をかけながら前進。左を差すと、すぐさますくい投げた。

 これで7勝1敗。優勝争いのトップ集団を走るなど、場所前は誰が予想できただろうか。

「圧力が(相手に)伝わっていたのかな。左は自然に、自分の癖が出たんだと思う。落ち着いてやれた」

 と話した正代。左を差すと無類の強さを発揮する半面、これまでは「悪癖」が足を引っ張り、星を伸ばせなかった。ある親方は「こんなにポジティブな正代は見たことがない」と、目を丸くする。

「以前の正代はネガティブな受け身の相撲が多く、素質の半分も生かせてなかった。せっかくのパワーがありながら、アゴを突き出し、背中を反らせて相手に当たっていたので圧力も半減していた。それが今場所は頭からとまではいかないが、顔を真正面に向けて胸から当たっている。相撲ぶりが変わったきっかけになったのは、先場所千秋楽の朝乃山戦でしょう。会心の相撲で難敵を下したことで自信がついたのではないか。前に圧力をかけながら左差しを狙う相撲を安定して取れるなら、大関も狙えますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る