炎鵬に力の差見せつける 貴景勝を支える“一人大関”の自覚

公開日: 更新日:

 2人の力士が土俵に上がるや、今場所一番の歓声が上がった。

 かたや175センチ、169キロの大関貴景勝(23)。こなた168センチ、99キロの前頭5枚目炎鵬(25)。力自慢の大関と機敏な小兵という人気力士同士の対戦が21日、結びの前に行われた。

 1度の待ったを挟んだ立ち合い、もろ手突きを繰り出した大関を、炎鵬ははたき込みのごとく両手で払う。すかさず懐に潜り込もうとしたのだろうが、貴景勝もさるもの。片手の突きで小兵を吹き飛ばし、体重とパワーの差を見せつけた。食い下がる炎鵬をものともせず、最後も片手で押し出した。

「剛よく柔を断つ」相撲。この日は正代徳勝龍が1敗をキープしたものの、貴景勝も2敗で踏ん張っている。優勝の可能性は十分ある。

 今場所は上位陣が壊滅状態。2横綱は休場し、先場所大関から陥落した高安はすでに6敗と、最短での大関復帰は消滅した。さらにカド番の豪栄道も結びで宝富士に負け、7敗目。陥落にリーチがかかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る