山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

守屋の釈明会見 阪神の関西でしか通用しないマスコミ抑制

公開日: 更新日:

 阪神の中継ぎ投手・守屋功輝が妻への傷害容疑で書類送検された。スクープした「週刊文春」の記事によると、守屋は妻へのDVだけでなく浮気も繰り返していたという。

 ここまでなら私はあまり関心がないのだが、これに対して守屋及び阪神球団が釈明会見を開いたから首をかしげてしまった。会見によると、守屋はDVの原因は妻の日常的な暴力や暴言、浪費癖などにあると主張。要するに、妻にも問題があるから悪いのは自分だけじゃない、あくまで夫婦喧嘩だ、そんな感じで矮小化しようとしたのだ。

 その結果、守屋は書類送検されたにもかかわらず、阪神球団からはなんのおとがめもなく春季キャンプの一軍メンバーに入った。守屋自身は個人事業主だから、厳密には阪神球団に雇用者責任のようなものはない。だったら守屋にグレーな問題が発覚した場合、阪神球団は彼との契約を履行しなければいいだけだと思うのだが(たとえば謹慎処分にするなど)、実際は通常運転を選んだ。これはつまり、阪神球団も「選手契約に支障なし」と判断したということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る