山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

大阪で阪神の情報をあえて遮断して見えた現在の立ち位置

公開日: 更新日:

 現在の私は大阪に居を構えているため、日ごろから阪神タイガースの情報が自然と耳に入ってくる。大阪圏ではデイリースポーツのみならず大半のスポーツ新聞が阪神情報を最も多く扱い、地上波テレビやAMラジオからも阪神の話題が数多く発信されている。

■盟主的な感覚

 阪神が球界屈指の人気球団であることは観客動員数などのデータを見ても明らかだが、大阪のメディア環境下で暮らしていると、そういう単純な人気以上のものを感じる。なんというか、阪神が現代プロ野球界のトレンドの中心にいるかのような、いわゆる盟主的な感覚に陥るのだ。

 だから、いつくらいからか、私は試しに阪神情報を意識的に遮断することにした。関西版のスポーツ新聞はなるべく視界に入れないようにし、テレビやラジオでもローカル情報系の番組は遠ざける。そうすると、今の一般社会からは阪神情報はおろか、プロ野球全般の情報ですら受動的にはほとんど入ってこなくなった。阪神の情報を得たければ、ネットなどを駆使して自ら能動的にアクセスしなければならず、その場合の阪神は決して特別ではなく、12分の1に過ぎなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る