山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

大阪で阪神の情報をあえて遮断して見えた現在の立ち位置

公開日: 更新日:

 現在の私は大阪に居を構えているため、日ごろから阪神タイガースの情報が自然と耳に入ってくる。大阪圏ではデイリースポーツのみならず大半のスポーツ新聞が阪神情報を最も多く扱い、地上波テレビやAMラジオからも阪神の話題が数多く発信されている。

■盟主的な感覚

 阪神が球界屈指の人気球団であることは観客動員数などのデータを見ても明らかだが、大阪のメディア環境下で暮らしていると、そういう単純な人気以上のものを感じる。なんというか、阪神が現代プロ野球界のトレンドの中心にいるかのような、いわゆる盟主的な感覚に陥るのだ。

 だから、いつくらいからか、私は試しに阪神情報を意識的に遮断することにした。関西版のスポーツ新聞はなるべく視界に入れないようにし、テレビやラジオでもローカル情報系の番組は遠ざける。そうすると、今の一般社会からは阪神情報はおろか、プロ野球全般の情報ですら受動的にはほとんど入ってこなくなった。阪神の情報を得たければ、ネットなどを駆使して自ら能動的にアクセスしなければならず、その場合の阪神は決して特別ではなく、12分の1に過ぎなくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る