大相撲理事選 6期12年ぶり「投票なし」に透ける協会の思惑

公開日: 更新日:

 大方の予想通り、「無風」となった。

 30日、相撲協会の理事選の立候補の受け付けが行われ、届け出を提出したのは理事10人、副理事3人。いずれも定員通りの人数のため、投票は行われず、立候補者の当選が確定した。

 今回は現職の山響親方(元前頭巌雄)が出馬せず。これに昨年9月に退職した理事の阿武松親方(元関脇益荒雄)の分を合わせた2席が空いていたが、初当選の花籠親方(元関脇太寿山)と2期ぶり理事復帰の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)ですんなり埋まった。

 相撲協会の理事選挙で投票が行われなかったのは6期12年ぶり。2010年に貴乃花が立候補、当選した「貴の乱」以降は毎年、定員を超える立候補者がいた。

 相撲協会は閉鎖的と批判されることもあり、無風選挙は事前に調整が行われてきたということだろう。そこに風穴をあけた貴乃花を評価する声もあったものの、実際に行われていたのはえげつない票獲得合戦だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る