大相撲理事選 6期12年ぶり「投票なし」に透ける協会の思惑

公開日: 更新日:

 大方の予想通り、「無風」となった。

 30日、相撲協会の理事選の立候補の受け付けが行われ、届け出を提出したのは理事10人、副理事3人。いずれも定員通りの人数のため、投票は行われず、立候補者の当選が確定した。

 今回は現職の山響親方(元前頭巌雄)が出馬せず。これに昨年9月に退職した理事の阿武松親方(元関脇益荒雄)の分を合わせた2席が空いていたが、初当選の花籠親方(元関脇太寿山)と2期ぶり理事復帰の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)ですんなり埋まった。

 相撲協会の理事選挙で投票が行われなかったのは6期12年ぶり。2010年に貴乃花が立候補、当選した「貴の乱」以降は毎年、定員を超える立候補者がいた。

 相撲協会は閉鎖的と批判されることもあり、無風選挙は事前に調整が行われてきたということだろう。そこに風穴をあけた貴乃花を評価する声もあったものの、実際に行われていたのはえげつない票獲得合戦だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る