徳勝龍は近大、正代は東農大 大卒力士の活躍が目立つ背景

公開日: 更新日:

 2人目が出てくるのも、時間の問題かもしれない。千秋楽まで徳勝龍(33)と正代(28)が賜杯を争った1月場所。前者は近大、後者は東農大のいわゆる「学生相撲」出身力士だ。

 大卒力士の活躍はいまに始まったことではない。大卒では唯一ではあるが、日大出身の輪島は横綱になっている。それでも近年ことさら学生相撲出身力士が目立つようになったのも確かだ。

 2018年7月場所を制した御嶽海(27)は東洋大、昨年5月場所で初賜杯を掴んだ朝乃山(25)は近大出身だ。今場所2横綱を破った遠藤(29)は日大、11勝4敗の北勝富士(27)と豊山(26)はそれぞれ日体大と東農大。ちなみに小兵で人気のある炎鵬(25)も金沢学院大出身である。

 昔は「早くから相撲部屋で稽古できる中卒の叩き上げの方が出世できる」と言われていた。大相撲で昇進を目指すなら、大学に行くのは遠回りというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る