カド番9回も潔く引退 横綱白鵬に飲ませたい豪栄道の爪の垢

公開日: 更新日:

 散り際は潔かった。

 28日、大関豪栄道(33)の引退が相撲協会から発表された。年寄株の襲名も承認され、今後は「武隈親方」として後進の指導に当たる。

 9度目のカド番だった今場所は5勝10敗。来場所での関脇転落が決まっていた。近年はケガが多く、昨年11月場所の遠藤戦で左足首の靱帯を損傷。今場所前はロクに稽古もできなかった。角界では「番付にこだわらず、治療に専念すればまだできた」という声もある。それでも大関でいるうちに身を引いたのは、豪栄道なりの美学だろう。

 大関から陥落しても、現役を続けることが悪いというわけではない。琴奨菊は平幕で奮闘。照ノ富士は度重なるケガで序二段まで落ちるも、復帰を諦めず今場所は十両優勝を果たした。大関と一口に言っても、生き方はさまざまなのだ。

 唯一、陥落がない横綱はそうはいかない。休もうと思えばいつまでも休んで、給料ドロボーを続けられる。それでも歴代横綱は「力が落ちた」「自分の相撲が取れなくなった」などの理由で、スパッとマゲを落としてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る