カド番9回も潔く引退 横綱白鵬に飲ませたい豪栄道の爪の垢

公開日: 更新日:

 散り際は潔かった。

 28日、大関豪栄道(33)の引退が相撲協会から発表された。年寄株の襲名も承認され、今後は「武隈親方」として後進の指導に当たる。

 9度目のカド番だった今場所は5勝10敗。来場所での関脇転落が決まっていた。近年はケガが多く、昨年11月場所の遠藤戦で左足首の靱帯を損傷。今場所前はロクに稽古もできなかった。角界では「番付にこだわらず、治療に専念すればまだできた」という声もある。それでも大関でいるうちに身を引いたのは、豪栄道なりの美学だろう。

 大関から陥落しても、現役を続けることが悪いというわけではない。琴奨菊は平幕で奮闘。照ノ富士は度重なるケガで序二段まで落ちるも、復帰を諦めず今場所は十両優勝を果たした。大関と一口に言っても、生き方はさまざまなのだ。

 唯一、陥落がない横綱はそうはいかない。休もうと思えばいつまでも休んで、給料ドロボーを続けられる。それでも歴代横綱は「力が落ちた」「自分の相撲が取れなくなった」などの理由で、スパッとマゲを落としてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る