プレミア12で大活躍 鈴木誠也が明かす“メジャー流”打撃論

公開日: 更新日:

 世界の壁を感じさせない。

 プレミア12の台湾ラウンドで3連勝した侍ジャパン。その3試合で2本塁打9打点と大暴れしたのが鈴木誠也(25=広島)だ。

 シーズン中はチームで主軸を任される選手も、国際試合になると苦戦を強いられることは珍しくない。不慣れなグラウンドや球場の雰囲気が主な原因とされ、台湾戦は完全なアウェーだった。

 しかし、鈴木はそんなハンディを苦にせず、結果を残している。その原点には、かつて観賞していたメジャーリーガーの映像がある。米球界で活躍するスラッガーたちの動画を「ユーチューブ」で繰り返し研究。エンゼルスの主砲であるマイク・トラウトの打撃フォームを参考にしていた時期もある。もともとメジャーへの関心が高く、3年前には「野球をやっている以上は上の世界に興味がある」と発言。メジャースカウトも打撃技術やパワーなどを高く評価している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る