ソフトBに9打席無安打…巨人・丸が今年も“逆シリーズ男”に

公開日: 更新日:

 巨人が3連敗でソフトバンクに王手をかけられた。

 22日、東京ドームに舞台を移した日本シリーズ第3戦。巨人は初回に亀井が先頭打者本塁打で幸先良く先制したまではよかったが、先発したドラフト1位ルーキー高橋が粘れない。直後の二回、グラシアルにバックスクリーンへ同点弾を運ばれると、三回にはデスパイネに中前へ勝ち越し打を浴びて交代となった。

 巨人は同点の四回、3番手の高卒新人・戸郷が自らの失策などで傷口を広げ4失点。そのまま3連敗となった。

 第2戦終了後、原監督は2戦合計19打数1安打と沈黙していた1番亀井、2番坂本勇、3番丸の3人に「1、2、3番はうちの円熟期の選手たち。1日置いて彼らが暴れるでしょう」とハッパをかけていた。この日2発を放った亀井はゲキに応えたものの、問題はこの日も3タコで3戦計9打数無安打に封じられている丸である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る