ソフトBに9打席無安打…巨人・丸が今年も“逆シリーズ男”に

公開日: 更新日:

 巨人が3連敗でソフトバンクに王手をかけられた。

 22日、東京ドームに舞台を移した日本シリーズ第3戦。巨人は初回に亀井が先頭打者本塁打で幸先良く先制したまではよかったが、先発したドラフト1位ルーキー高橋が粘れない。直後の二回、グラシアルにバックスクリーンへ同点弾を運ばれると、三回にはデスパイネに中前へ勝ち越し打を浴びて交代となった。

 巨人は同点の四回、3番手の高卒新人・戸郷が自らの失策などで傷口を広げ4失点。そのまま3連敗となった。

 第2戦終了後、原監督は2戦合計19打数1安打と沈黙していた1番亀井、2番坂本勇、3番丸の3人に「1、2、3番はうちの円熟期の選手たち。1日置いて彼らが暴れるでしょう」とハッパをかけていた。この日2発を放った亀井はゲキに応えたものの、問題はこの日も3タコで3戦計9打数無安打に封じられている丸である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る