ソフトBに9打席無安打…巨人・丸が今年も“逆シリーズ男”に

公開日: 更新日:

 巨人が3連敗でソフトバンクに王手をかけられた。

 22日、東京ドームに舞台を移した日本シリーズ第3戦。巨人は初回に亀井が先頭打者本塁打で幸先良く先制したまではよかったが、先発したドラフト1位ルーキー高橋が粘れない。直後の二回、グラシアルにバックスクリーンへ同点弾を運ばれると、三回にはデスパイネに中前へ勝ち越し打を浴びて交代となった。

 巨人は同点の四回、3番手の高卒新人・戸郷が自らの失策などで傷口を広げ4失点。そのまま3連敗となった。

 第2戦終了後、原監督は2戦合計19打数1安打と沈黙していた1番亀井、2番坂本勇、3番丸の3人に「1、2、3番はうちの円熟期の選手たち。1日置いて彼らが暴れるでしょう」とハッパをかけていた。この日2発を放った亀井はゲキに応えたものの、問題はこの日も3タコで3戦計9打数無安打に封じられている丸である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る