巨人・丸が初実戦2安打の貫禄 S班でも見せた“決定的違い”

公開日: 更新日:

「自分のルーティンがしっかりあって、野球に取り組む姿勢がファームの若い選手には参考になったのではないか。見ていると、どんな練習も実戦のように一球一球丁寧に振っている。これは、なかなかできそうでできない。そこが他の選手との決定的な違いです」

■二軍で若手に助言

 松本二軍外野守備走塁コーチはこう言った。

「こちらから頼んだわけではないのですが、ノックを一緒に受ける若い選手に『こうした方がいいんじゃないか』とポジショニングや打球への入り方などをさりげなくアドバイスしてくれていました。あれだけ実績のある選手が言うと、説得力が違いますから」

 三冠王に最も近い男といわれる鈴木が気になってしょうがない“丸先輩”。今季はこの2人が打撃部門でしのぎを削りそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る