中日・根尾はキャンプで前進 プロ2年目で潰すべき課題とは

公開日: 更新日:

「打撃はバットが振れるようになっているが、打つポイントが定まっておらず、速い球と変化球への対応が課題。追い込まれてから変化球に対応できないのは、速球への意識が強く、タイミングが合わないからです」

■スローイング改善

 守備はどうか。

「課題はスローイングでしょう。昨季より良くなっているとは思いますが、入団したころから力を加減して投げることができず、イップスの気配もある。そこをどうしていくか。中距離打者である根尾は遊撃手として伸びしろがある選手だからこそ、魅力があると思う。外野には打つだけの選手は山ほどいる。ただ、遊撃をやるならスローイングの改善が不可欠。それをどう対処するかで目指す方向性が見えてくるのではないか」

 2年目に潰すべき課題はハッキリしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  7. 7

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  8. 8

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  9. 9

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る