東京五輪に関心薄く 米トッププロ相次ぎキャンセルの動き

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス騒動で東京五輪は本当に開催されるのか――が、にわかに問題になってきたが、それ以前にゴルフ競技に世界のトッププロが出場するか、も怪しい雰囲気だ。米国は男子世界ランキング(WR)15位内に10選手もいて、五輪出場の上位4枠争いが激しいのだが、いまひとつ盛り上がりに欠ける。

 4年前のリオ五輪では、ジカ熱を理由に欠場したダスティン・ジョンソンの談話が注目を集める。

「米国を代表して五輪で戦うのは、間違いなく名誉なことだろう。しかし、あまりに多くの試合があり、スケジュールが合うかどうかが問題で、(東京五輪にも)出るかどうか検討している」

 ジョンソンは現在WR5位につけており、米代表3番手の有資格者だ。だが「是が非でも出たい」ではなく、「検討している」という後ろ向きのコメントに米メディアは欠場するのではないか、とみているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る