がけっぷち萩野公介 競泳五輪派遣標準クリアに必要なもの

公開日: 更新日:

 長引く不調からの復活を目指すリオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(25)が21日、高地トレーニングを行うため合宿地のスペイン・シエラネバダに向けて出発した。

 現地では3月末まで、泳ぎ込みの他、陸上トレを続け、五輪選考会を兼ねた日本選手権(4月1日開幕=東京アクアティクスセンター)に向けて最終調整を図る。

 シエラネバダ合宿は所属するチーム平井の恒例行事。日本代表も同地で合宿を張っており、萩野は過去にも現地でハードな練習をこなして、シーズンに備えてきた。同い年のライバルで、すでに東京五輪代表が内定している瀬戸大也に大きく水をあけられた萩野にとって、今回の高地トレは本来の泳ぎを取り戻すラストチャンスだ。

 標高2300メートルのシエラネバダは酸素が薄く心肺機能の向上はもちろん、実は泳ぎのフォームを固めるのに最適な地とされる。リオ五輪後に右肘を手術した影響もあり、圧倒的な強さをみせたかつての泳ぎから遠ざかっている萩野には、スタミナ同様、フォーム固めが復活のカギを握る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る