池江不在の影響も…新種目の混合リレーにアンカー問題浮上

公開日: 更新日:

 日本のリレー種目はアンカーのデキが勝敗のカギを握りそうだ。

 来年の東京五輪で表彰台を期待される陸上男子の400メートルリレーは100メートル日本記録保持者(9秒97)のサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)がアンカーに内定。日本を代表するスプリンターは世界選手権(9月28日開幕=ドーハ)が、苦手なバトンワークの試金石となる。

 この男子以上にアンカーを不安視されているのが、東京五輪の新種目として実施される水泳の混合リレー(4×100メートル)。この混合リレーは男女2人ずつでチームを編成し、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、自由形の順で競う。男女の泳ぐ順番は各国の裁量に任される。

 競泳は先行を許すと、追う側はプレッシャーから力みが生じてフォームを崩し、タイムが伸びないのが一般的。そのため、各国とも先行逃げ切りを図るため、第1、2泳者は男子を起用している。日本も同様の戦術を採用しており、韓国・光州で行われている世界選手権では入江陵介(背泳ぎ)、小関也朱篤(平泳ぎ)、大橋悠依(バタフライ)、大本里佳(自由形)の4人で臨む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る