池江不在の影響も…新種目の混合リレーにアンカー問題浮上

公開日: 更新日:

 日本のリレー種目はアンカーのデキが勝敗のカギを握りそうだ。

 来年の東京五輪で表彰台を期待される陸上男子の400メートルリレーは100メートル日本記録保持者(9秒97)のサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)がアンカーに内定。日本を代表するスプリンターは世界選手権(9月28日開幕=ドーハ)が、苦手なバトンワークの試金石となる。

 この男子以上にアンカーを不安視されているのが、東京五輪の新種目として実施される水泳の混合リレー(4×100メートル)。この混合リレーは男女2人ずつでチームを編成し、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、自由形の順で競う。男女の泳ぐ順番は各国の裁量に任される。

 競泳は先行を許すと、追う側はプレッシャーから力みが生じてフォームを崩し、タイムが伸びないのが一般的。そのため、各国とも先行逃げ切りを図るため、第1、2泳者は男子を起用している。日本も同様の戦術を採用しており、韓国・光州で行われている世界選手権では入江陵介(背泳ぎ)、小関也朱篤(平泳ぎ)、大橋悠依(バタフライ)、大本里佳(自由形)の4人で臨む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  9. 9

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  10. 10

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

もっと見る