スポーツ医学の専門家に聞く“灼熱”東京五輪はどれだけ危険

公開日: 更新日:

 この酷暑大国日本で、アスリートは無事でいられるのか。きょう15日、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が行われ、2020年東京五輪マラソン代表の男女各2人が内定。五輪期間は来年7月24日から8月9日まで、最も蒸し暑い時季に開催される。今年のデータ(気象庁調べ)だと、7月はすべて最高気温30度超。1日を除き、湿度も80%以上だった。8月も、9日までの最高気温は6日間で35度を超え、湿度は70%以下はなし。日照時間も、8月中は9時間を超えていた。筑波大体育系でスポーツ医学を専門とし、熱中症にも詳しい渡部厚一准教授(53)に話を聞いた。

■過酷な環境への耐性

 ――来年の東京五輪は選手の健康被害が心配されている。今年と同様の暑さなら、東京五輪でアスリートに熱中症の危険性はありますか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  6. 6

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    原監督「セ軍もDH制」提言のお笑い OBは「短絡的」と指摘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る