ソフトB・工藤監督に直訴 のんびり屋バレが尻に火の第1号

公開日: 更新日:

 置かれている立場がわかっているのだろう。

 ヤクルトから移籍したソフトバンクのバレンティン(35)がロッテとの練習試合で“移籍第1号”の2ランを放った。この日は第2打席まで凡退。志願した六回の第3打席は、外角球をうまくすくって左中間フェンスを越えた。

 23日のオープン戦初戦(オリックス戦)は、若手主体のメンバーで戦うつもりの工藤監督に「パの投手の特徴を知りたい」と出場を直訴。4番・指名打者で2打席立ち、三回に中犠飛で走者をかえした。

 チームには昨季36本塁打のデスパイネ(33)と28本のグラシアル(34)がいる。昨年国内FA権を取得したバレは今季から日本人扱いだが、「右の大砲」という点は他の2人と同じ。古巣では入団した2011年から3年連続本塁打王を獲得。13年にはNPB最多の60本塁打を記録し、9年間で通算288本を放った球界屈指のスラッガーだ。しかも、移籍条件は2年総額10億円の好条件。それでもアピールを続けなければ開幕してから出番がないことは、「のんびり屋」でもわかっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る