IOC古参委員 コロナ収束しなければ5月末に五輪中止の判断

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染拡大による東京五輪中止が現実味を帯びてきた。国際オリンピック委員会(IOC)の最古参委員のディック・パウンド氏(77)が25日、AP通信とのインタビューに応じ、五輪開催是非を判断するタイムリミットは5月下旬との見解を明らかにした。

 パウンド氏は、警備の強化、オリンピック村やホテル、メディアの報道センターの準備などの準備に2カ月はかかると指摘。「その時期になったら、東京でやれると確信できるだけ状況が十分にコントロールされているか否かを問わなければならない」と語った。

 また準備期間の短さから他都市での代替開催や分散開催は困難だと指摘。大会を数カ月延期することには米プロフットボールNFLや米プロバスケットボールNBAのシーズンと重なるため巨額の放送権料を支払う北米のテレビ局が納得しないだろうと否定的だ。事態が収束しなければ東京五輪は「中止」になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る