阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

公開日: 更新日:

 6日、阪神藤浪晋太郎(25)が契約更改し、今季8400万円から減額制限いっぱいの25%減となる6300万円でサインした。

 藤浪は新人年の2013年から3年連続2ケタ勝利をマークしたが、16年以降は制球難に苦しみ、4年間でわずか15勝。今季はプロ初の0勝に終わった。

 藤浪を巡っては昨オフから今春にかけて、複数球団が水面下でトレードを打診したといわれている。阪神はあくまで自らの手で再生することを選んだが、二軍暮らしが続いた上に、制球難が改善される気配はない。

 今秋キャンプでは切り札として中日OBの山本昌氏を臨時コーチとして招聘したものの、球界には「過去を振り返ってみても、スポット的な指導で劇的に変化するケースはまれ。阪神は藤浪を囲い込みはするものの、打つ手なしの状況が続き、山本昌氏にすがるしかなかった。来季も苦しい状況が続くだろう」との声が少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  3. 3

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    SMAPで男性アイドルがバラエティー本格進出 事務所の革命

もっと見る