宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

レジェンド青木効果無し…男子ツアー人気回復へのイバラ道

公開日: 更新日:

 日本の男女ツアープロ人気は一昔前と完全に立場が逆転した。

 年間37試合の女子ツアーに比べ、男子ツアーは25試合しかなく、試合日程は相変わらず歯抜け状態が続く。

 そんなジリ貧状態をなんとか打開しようと、2016年に日本人初の米ツアー優勝を遂げ、世界的にも名声の高い青木功をJGTO(日本ゴルフツアー機構)会長に祭り上げ、大会スポンサーを増やそうとした。

 だが思惑は見事に外れ、スポンサーが集まるどころか、減少の一途だ。2期目に入った19年には、賞金総額2億3000万円、優勝5200万円と、当時の最高賞金額「ISPSハンダマッチプレー選手権」が青木会長自らの不適切対応で主催者を激怒させ中止になった。

 また青木会長がCM出演する「HEIWA PGM チャンピオンシップ」も昨年限りで消滅した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る