武藤俊憲Vも盛り上がらず 男子が背負ってしまったハンディ

公開日: 更新日:

【パナソニックオープン】最終日

「圧勝というほど楽なゴルフではなく疲れたが、最後まで決して後ろ向きにならずにプレーができてよかった」

 首位発進の武藤俊憲(41)が、この日のベストスコア64で回り、2位に4打差をつけて4年ぶりツアー通算7勝目を挙げた。

 武藤は8バーディー(1ボギー)を奪う見事な勝ちっぷりだったが、「何か物足りない」と感じた向きも少なくなかったはずだ。

 スタート前は1打差2位に昨年の賞金王だった今平周吾(26)がつけており、3打差5位には大会2日目に62と爆発した石川遼(28)もいた。ファンは三つ巴の混戦を期待した。ところが今平も石川も最後まで武藤にプレッシャーをかけられなかった。

「上位選手のスコアは立派だけど、手に汗握るドラマはなかった」と評論家の宮崎紘一氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  8. 8

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  9. 9

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  10. 10

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る