宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

国内男子ツアー人気低迷は一部の“暴走理事”に原因がある

公開日: 更新日:

 男子ツアーの低迷に歯止めがかからない。

 試合は減少する一方で、毎週開催される女子ツアーと違い、年間スケジュールは“歯抜け”状態。そして、来季も1、2試合のスポンサー撤退が噂されている。ギャラリー数は少なく、テレビ視聴率も低下しており、大会を報じる新聞各社の扱いスペースも小さい。人気もなくジリ貧なのだ。

 だが、男子ツアーを管理する日本ゴルフツアー機構(JGTO=青木功会長)が、危機打開に有効的な対策を講じているという話は全然聞こえてこない。それどころか、派閥争いや主力理事たちの利益誘導としか思えない呆れた話ばかり聞こえてくる。

 今年3月の理事会では青木会長シンパの上田昌孝専務理事らによってこれまで聖域だった定款の変更を強行した。本来無報酬、つまりボランティアと決められていた理事(青木シンパの)を有給にしたのがその手始めだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

もっと見る