国内男子ツアー人気低迷は一部の“暴走理事”に原因がある

公開日: 更新日:

 男子ツアーの低迷に歯止めがかからない。

 試合は減少する一方で、毎週開催される女子ツアーと違い、年間スケジュールは“歯抜け”状態。そして、来季も1、2試合のスポンサー撤退が噂されている。ギャラリー数は少なく、テレビ視聴率も低下しており、大会を報じる新聞各社の扱いスペースも小さい。人気もなくジリ貧なのだ。

 だが、男子ツアーを管理する日本ゴルフツアー機構(JGTO=青木功会長)が、危機打開に有効的な対策を講じているという話は全然聞こえてこない。それどころか、派閥争いや主力理事たちの利益誘導としか思えない呆れた話ばかり聞こえてくる。

 今年3月の理事会では青木会長シンパの上田昌孝専務理事らによってこれまで聖域だった定款の変更を強行した。本来無報酬、つまりボランティアと決められていた理事(青木シンパの)を有給にしたのがその手始めだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る