ヤクルト奥川の右肘炎症再発防止プラン 二軍投手Cに聞いた

公開日: 更新日:

「キャンプ開始からの1カ月で成長できたこと? プロの環境に慣れてきたことです。これから、しっかり集中してできると思います」

 1日、二軍施設で練習したヤクルト奥川恭伸(星稜)がこう言った。

 新人合同自主トレ期間中に右肘の炎症が判明。キャンプ序盤にスローイングが解禁されると、2月22日に初めてブルペン入りするなど、計3度の投球練習を行っている。

 今後の実戦登板に向けて課題になるのは、右肘炎症の再発防止だ。奥川は腕の振りが大きく速い分、チーム内には「肩や肘に負担がこないか」と心配する声もある。

 小野寺二軍投手コーチは、なるべく肩や肘に負担がかからないフォームを意識させてきたという。

「フォームのバランスが悪くなった時に、それをなくそうと取り組んできました。奥川は投げる際、右側の肩、肘、腰の位置が(下に)落ちることがある。下半身の力が抜けて、(上下の)バランスが崩れるからです。それでも投げられる凄さはありますが、バランスを崩した状態であれだけ腕を振って投げる分、肩や肘への負担はあるのかなと見ていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る