ヤクルト奥川の右肘炎症再発防止プラン 二軍投手Cに聞いた

公開日: 更新日:

「キャンプ開始からの1カ月で成長できたこと? プロの環境に慣れてきたことです。これから、しっかり集中してできると思います」

 1日、二軍施設で練習したヤクルト奥川恭伸(星稜)がこう言った。

 新人合同自主トレ期間中に右肘の炎症が判明。キャンプ序盤にスローイングが解禁されると、2月22日に初めてブルペン入りするなど、計3度の投球練習を行っている。

 今後の実戦登板に向けて課題になるのは、右肘炎症の再発防止だ。奥川は腕の振りが大きく速い分、チーム内には「肩や肘に負担がこないか」と心配する声もある。

 小野寺二軍投手コーチは、なるべく肩や肘に負担がかからないフォームを意識させてきたという。

「フォームのバランスが悪くなった時に、それをなくそうと取り組んできました。奥川は投げる際、右側の肩、肘、腰の位置が(下に)落ちることがある。下半身の力が抜けて、(上下の)バランスが崩れるからです。それでも投げられる凄さはありますが、バランスを崩した状態であれだけ腕を振って投げる分、肩や肘への負担はあるのかなと見ていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る