私立と公立の格差拡大でドラマ消滅…無観客センバツの弊害

公開日: 更新日:

 センバツ史上初の無観客開催なら、大会の行方はどうなるか。

 日本高野連は4日、19日開幕予定の春のセンバツの運営委員会と臨時理事会を開いて通常開催を断念、出場校に無観客での実施に向けた準備を要請することを決めた。開催の最終的な可否は11日の臨時運営委員会で協議。無観客の開催を決定した場合でも、状況によって中止にする可能性もあるという。

 2月28日、安倍首相の休校要請を受けた出場32校の対応は千差万別だった。

 ほとんどの学校が休校に。予定していたキャンプや合宿を取りやめたものの、通常の練習や3月8日に解禁される対外試合に関しては対応が分かれた。公立が通常の練習すら禁止したのに対し、私立は通常通り練習するという学校がほとんど。学校自体が休みなのに部活動だけOKの是非はともかく、全国大会を控えた部だけは活動を継続してよいところもいくつかあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る