私立と公立の格差拡大でドラマ消滅…無観客センバツの弊害

公開日: 更新日:

 センバツ史上初の無観客開催なら、大会の行方はどうなるか。

 日本高野連は4日、19日開幕予定の春のセンバツの運営委員会と臨時理事会を開いて通常開催を断念、出場校に無観客での実施に向けた準備を要請することを決めた。開催の最終的な可否は11日の臨時運営委員会で協議。無観客の開催を決定した場合でも、状況によって中止にする可能性もあるという。

 2月28日、安倍首相の休校要請を受けた出場32校の対応は千差万別だった。

 ほとんどの学校が休校に。予定していたキャンプや合宿を取りやめたものの、通常の練習や3月8日に解禁される対外試合に関しては対応が分かれた。公立が通常の練習すら禁止したのに対し、私立は通常通り練習するという学校がほとんど。学校自体が休みなのに部活動だけOKの是非はともかく、全国大会を控えた部だけは活動を継続してよいところもいくつかあった。

「本番では公立と私立の実力差がこれまで以上に如実に表れるのではないか」とみるのは西日本にある甲子園常連校の監督だ。

 最近の甲子園は出場校の数からして私立が公立を圧倒している。センバツに限っていえば、公立校の優勝は2009年の清峰(長崎)が最後。それ以前となると1995年の観音寺中央(香川)まで遡らなければならない。ここ5年間の成績をみても、8強に残った公立校は15年と16年が2校、17年と18年は0校。昨19年の3校は大健闘といっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず