私立と公立の格差拡大でドラマ消滅…無観客センバツの弊害

公開日: 更新日:

 センバツ史上初の無観客開催なら、大会の行方はどうなるか。

 日本高野連は4日、19日開幕予定の春のセンバツの運営委員会と臨時理事会を開いて通常開催を断念、出場校に無観客での実施に向けた準備を要請することを決めた。開催の最終的な可否は11日の臨時運営委員会で協議。無観客の開催を決定した場合でも、状況によって中止にする可能性もあるという。

 2月28日、安倍首相の休校要請を受けた出場32校の対応は千差万別だった。

 ほとんどの学校が休校に。予定していたキャンプや合宿を取りやめたものの、通常の練習や3月8日に解禁される対外試合に関しては対応が分かれた。公立が通常の練習すら禁止したのに対し、私立は通常通り練習するという学校がほとんど。学校自体が休みなのに部活動だけOKの是非はともかく、全国大会を控えた部だけは活動を継続してよいところもいくつかあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  9. 9

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る