山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

ロッテは西岡ではなく元阪神・鳥谷を選択…決断の意味とは

公開日: 更新日:

 元阪神鳥谷敬ロッテ入団が決まった。ロッテとしては鳥谷の豊富な経験値だけでなく、本職のショートの他にセカンドやサードなど内野ならどこでも堅実に守れるユーティリティーぶりにも価値を見いだしたという。

 確かに現在のロッテ内野陣は全体的に若く、故障しがちな選手も多いため、鳥谷のような頑健なベテランは補強ポイントに合致する。その意味で今回のロッテの英断は引退危機に瀕したレジェンドの救済という側面だけでなく、年俸1600万円という格安かつピンポイントの戦力補強であるとも考えられる。それでいて広告力も格段にアップするわけだから、ロッテはなかなか賢い買い物をしたのかもしれない。

 もっとも、鳥谷としては便利屋に甘んじて現役晩年を過ごすつもりなど毛頭もなく、当然レギュラー奪取、つまり完全復活を目指すのだろう。しかし、こういったスター選手の晩年移籍のパターンは、同じく阪神からロッテに移籍した今岡誠しかり、もっと古くは鳥谷の早大の先輩にあたる岡田彰布(阪神→オリックス)しかり、他球団の事例では石井琢朗横浜広島)や井端弘和(中日巨人)しかり、実際はほとんどがレギュラー奪取とはならず、引退までの余生といった感じに終わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る