山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

ソフトB城島のスター性 言葉のセンスと見事な白髪が象徴

公開日: 更新日:

 あの城島健司氏が球団会長付特別アドバイザーという肩書で古巣・ソフトバンクに復帰した。城島氏といえば現役最晩年の2010年から3年間にわたって阪神タイガースに在籍し、その阪神で引退したことが広く知られているが、それでも久しぶりに球界に復帰するなら、やはりホークスのほうがしっくりくる。まるでMLBや阪神時代がなかったかのようだ。

 これまで、阪神で引退した選手はたとえその前にどれだけ他球団を長く経験した、いわゆる外様であっても、引退後は阪神のイメージをまとうことが多かった。古くは真弓明信、近年では金本知憲が代表的で、極端な例では一枝修平がそうだろう。彼は現役ラストイヤーにたった1年だけ阪神に在籍したにすぎないのだが、それでも今ではすっかり阪神OBの御大というイメージで解説者活動を行っている。

 それを思うと、城島氏とホークスの結びつきの強さは計り知れないものがある。強肩強打のスーパーキャッチャーと呼ばれ、勝ち気で多弁でユーモアもある派手なキャラクターと、目力の強い濃厚な顔立ち。どれをとっても華に満ちているだけでなく、そこに王貞治工藤公康との師弟エピソードも添えられているのだから、次期監督候補と目されて当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  5. 5

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  6. 6

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  7. 7

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

もっと見る