五輪延期の追加経費問題 嘘つきは安倍首相とIOCどっちだ?

公開日: 更新日:

 狡猾な団体だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は日本時間21日、東京五輪の1年延期に伴う追加費用について、「日本の安倍晋三首相が、既存の契約条件に沿って引き続き日本が負担することに同意した」と公式サイト内で公表。同時にIOCの負担は「数億ドル(数百億円)になることは既に明らかだ」と述べたのだ。

■「1年延期は日本からの提案」

 1年延期にかかる費用は3000億円規模と報じられているが、実際には5000億円とも1兆円を超えるともいわれている。いずれにしてもIOCは「我々は払っても数億ドル。あとはすべて日本側で出しなさい」というわけだ。これが本当なら、安倍首相はとんでもない約束をしたことになるのだが、3月24日に行われたバッハIOC会長との電話会議に出席していた橋本聖子五輪相はこの日、「経費の件は一切議題になかった。(政府として)合意した事実はない」とIOC見解を全否定。24日の会議に同席していた菅義偉官房長官も、「合意の事実はない」と語り、今月16日のIOCと組織委員会のテレビ会議でも、「延期のコストを含む影響の取り扱いが共通の課題であることを確認し、今後、議論することで合意した」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る