コロナ対策で日本の信頼失墜「東京五輪」を世界がソッポ

公開日: 更新日:

「障壁」になるのはこの人だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は16日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会見し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により来年に延期された東京五輪について「全ての参加者にとり、安全な環境で行われなくてはならない」と述べた。

 至極当然のことだが、その「安全な環境」について日本は今、世界から信頼を失っている。

 集団感染が発生したクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号への日本政府の対応については、米ニューヨーク・タイムズ他、多くの海外メディアから批判が相次ぎ、英紙ガーディアンやBBCは、PCR検査数の少ないことに疑問と不信感を抱いた。4月7日に発令された緊急事態宣言にしても、BBCや米CNN、AFP通信などが、発令が遅く、強制力がないことを批判。2011年の福島原発事故の時に、政府のデータ開示等の曖昧な対応により、海外から猛批判を浴びた時と状況がよく似ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る