飯田 哲也
著者のコラム一覧
飯田 哲也元ヤクルトスワローズ

1968年5月、東京都調布市生まれ。千葉県の拓大紅陵高を経て、86年ドラフト4位で捕手としてヤクルト入団。日本一と称された中堅守備と俊足を生かした打撃でヤクルト黄金期を支えた。2006年に楽天で引退。07~13年はヤクルトで、15年から昨季までソフトバンクでコーチを務めた。現役通算1505試合で1248安打、363打点、48本塁打、234盗塁、打率・273。ゴールデングラブ賞7回(91~97年)、92年盗塁王。日本シリーズ優秀選手賞2回(92、93年)。

2年連続盗塁王を獲得 コーチ冥利に尽きた福地寿樹への指導

公開日: 更新日:

 コーチにすれば、自分が指導をした選手が結果を出してくれるとうれしいもの。その意味で、まさにコーチ冥利に尽きると実感したのが、福地寿樹(44=現ヤクルト二軍チーフコーチ)です。

 2008年に西武にFA移籍した石井一久の人的補償で入団。07年の西武では代走や守備要員的な扱われ方でしたが、ヤクルトでは1年目から外野のレギュラーとして活躍しました。何と言ってもうれしいのが08年から2年連続で盗塁王(ともに42個)を獲得したこと。本人の能力、努力はもちろんですが、僕の中では「2人で取ったタイトル」と胸を張りたいところがあります。

 俊足の福地は走塁技術に優れた選手。僕も1992年に盗塁王(33個)になっているので、経験と技術は持っている。そんな2人の良い点がうまく噛み合ったという感じがあるのです。

 たとえば一塁コーチャーを務めていた僕が、「次、牽制ないぞ」「これなら次に行けるぞ」と囁くと、福地はポンと反応してくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る