岡邦行
著者のコラム一覧
岡邦行ルポライター

1949年、福島県南相馬市生まれ。ルポライター。第3回報知ドキュメント大賞受賞。著書に「伊勢湾台風―水害前線の村」など。3・11後は出身地・南相馬中心に原発禍の実態を取材し続けている。近著に「南相馬少年野球団」「大島鎌吉の東京オリンピック」

大学時代にキャプテン務めた日本代表は厚生課の仕事に不満

公開日: 更新日:

1964年東京五輪・サッカー代表 継谷昌三さん(上)

 いかにサッカーオタクといえども「継谷昌三」の名を知っている者は少ないはずだ。元日本代表監督・加茂周に彼の名を告げると、懐かしむように言った。

「継谷? 昌三だろう。大学(関西学院)時代の仲間で、東京オリンピックの代表に選ばれた中盤のええ選手だった。でも、若くして亡くなった。いろんな面で繊細だったかもしれん。死因は酒だろうな。よう神戸辺りで飲んでいたと聞いとる……」

 身長167センチ、体重約60キロ、小柄ながら50メートルを6秒台で走る関学時代の継谷は、1959年アジアユース大会(マラヤ)や62年アジア大会(ジャカルタ)に出場。64年東京オリンピック開催の前年に三菱重工業に入社し、日本代表入り。将来を嘱望されていた有望選手だった。

「昌ちゃん、酒はほどほどにせんと。体にええことあらへんわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る