岡邦行
著者のコラム一覧
岡邦行ルポライター

1949年、福島県南相馬市生まれ。ルポライター。第3回報知ドキュメント大賞受賞。著書に「伊勢湾台風―水害前線の村」など。3・11後は出身地・南相馬中心に原発禍の実態を取材し続けている。近著に「南相馬少年野球団」「大島鎌吉の東京オリンピック」

正社員になり昇進も 後進を育てる夢を叶えぬまま旅立った

公開日: 更新日:

1968年メキシコ五輪・男子体操代表 加藤武司さん(下)

 1972年のミュンヘンオリンピックを前に、28歳で潔く現役選手引退を発表。晴れてソニーの「嘱託社員」から「正社員」になった金メダリストの加藤武司――。

 ときは高度経済成長期。正社員の加藤は、連日のように夜遅くまで働いた。そのためだろうか。同僚の目は冷ややかだった。

「あいつ、残業代を稼ぐために会社に来ているんじゃないの。オリンピック野郎が……」

 口さがない者は彼をそんなふうに揶揄した。しかし、意に介さなかった。選手時代の遅れを取り戻すには、人一倍働かなくてはならなかったからだ。

「男なら出世しなければならない。出世したい。同僚に差をつけられてはダメだ。俺はオリンピックのせいで遅れている……」

 加藤は妻・宏子に、まるで呪文を唱えるように繰り返した。仕事で悩んでいるときは、酒を飲んでも寝つかれず、夜中に突然起きて、また飲んで寝る。すでに2人目の子どもができていたが、ほとんど顔を合わすこともなかった。自宅には寝に帰ってくるといったほうがよかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る