岡邦行
著者のコラム一覧
岡邦行ルポライター

1949年、福島県南相馬市生まれ。ルポライター。第3回報知ドキュメント大賞受賞。著書に「伊勢湾台風―水害前線の村」など。3・11後は出身地・南相馬中心に原発禍の実態を取材し続けている。近著に「南相馬少年野球団」「大島鎌吉の東京オリンピック」

日本人初8m超えのため 山田宏臣さんは“8”にこだわリ続けた

公開日: 更新日:

1964年東京五輪・1968年メキシコ五輪・走り幅跳び代表 山田宏臣さん(上)

 山田宏臣の死は、まさしく企業戦士の末路である“戦死”だった――。

 1984年ロスオリンピック開催中だ。母・展子が私に発した言葉は重く、叫ぶようにこう言った。

「残酷物語ですよ。若い息子を死に追いやったのは、オリンピックです。ほかの人の何十倍も体をいじめて、『ぼくは40歳くらいで死ぬんだ』と言っていました。オリンピックなんか見ません!」

 その3年前の81年7月、山田は韓国の慶州東急ホテルの総支配人として栄転したが、3カ月後の10月21日、脳血栓で倒れ、39歳で客死したのだ。

「先生、2年もすれば韓国語がペラペラになって帰ってきます。それまでは死なないでくださいよ」

 韓国に飛び立つ前に山田は、京都市在住の67歳になるコーチの朝隈善郎(36年ベルリン五輪走り高跳び6位)を訪ね、そう言って笑った。だが、これが師匠と愛弟子の最後の別れとなってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る