広島エース大瀬良が2回33球緊急降板…首脳陣の無策際立つ

公開日: 更新日:

 16本もの安打を打っても勝てなかった。

 広島が24日のDeNA戦でサヨナラ負け。打線の奮起で試合を優位に進めながら、6番手の一岡が1死満塁から満塁本塁打を食らった。2点リードの九回に登板し、3四死球を与える独り相撲。投打の信頼関係にいよいよ亀裂が入りかねない、最悪の負け方だ。

 敗戦ショックに追い打ちをかけたのが、大瀬良の緊急降板。2回33球で2番手のケムナにマウンドを譲ったエースは、初回から明らかにおかしかった。直球の球速が140キロに満たず、いきなり3連打を浴びるなど2失点。二回は無失点に抑えたものの、真っすぐの球威、キレは本来のそれには程遠かった。

 この日が今季6試合目の登板となった大瀬良は、6月19日の開幕戦で116球の完投勝利を挙げると、続く26日の中日戦でも132球の完投勝利。2完投は巨人の菅野と並ぶリーグトップで、前回登板までの平均投球数は109.4球。これも菅野の115球と並んで、セの先発投手の中では突出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る