広島・堂林が首位打者独走…侍J稲葉監督には“悩みの種”に

公開日: 更新日:

 突然変異した「鯉のプリンス」がまた打率を上げた。広島堂林翔太(28)が、今季初の3番に座った17日のヤクルト戦で5打数4安打の大当たり。打率を・446として、セ・リーグの首位打者を独走している。

 高卒3年目の2012年にチーム最多の14本塁打をマークしてブレークして以降、一軍と二軍を行ったり来たりですっかり「過去の人」になっていた。

 ここ数年は毎年のように「クビ候補」と言われた男のプロ11年目にしての覚醒で、チーム関係者の期待をにわかに集めだしたのが、1年延期された東京五輪での侍ジャパン入りだという。

 折しもこの日、野球日本代表の稲葉監督が侍ジャパン強化委員会から来夏までの契約延長を要請されて受諾。代表の人選については、昨秋の国際大会「プレミア12」の優勝メンバーを土台とする方針を示す一方、「本番が延期になった。柔軟に考えていく」とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る