コロナ禍でスペイン2部大混乱 香川、柴崎、岡崎の先行きは

公開日: 更新日:

 スペインリーグ2部がスッタモンダしている。

 2部最終節(20日)は計10試合が、現地午後9時に同時キックオフされることになっていた。

 昇格・降格が決まる際の不公平をなくすためだが、日本代表のMF柴崎がプレーするラ・コルーニャの対戦相手フェンラブラーダの選手7人に感染者が出たことで試合延期。他試合の結果によってラ・コルーニャの来季3部降格が決まってしまった。

 元代表MF香川もドタバタに巻き込まれた。所属するサラゴサは2部3位で1部昇格プレーオフ進出をすでに確定していたが、対戦相手の6位チームが暫定6位のエルチェなのか、暫定8位のフェンラブラーダなのか、決まるまで待機させられているのだ。

 6月中旬にリーグが再開されて以降、スペインリーグ1部と2部は感染者も少なく、順調に日程を消化した。1部は19日に、2部は20日に大団円を迎えることになっていた。しかし、ここにきてラ・コルーニャが「試合をやって常にリードすれば他試合の結果に影響を与えられた」と憤慨すれば、プレーオフ進出の可能性を残しているエルチェは「フェンラブラーダは多くの感染者を出したペナルティーとして最終戦は不戦敗が妥当。プレーオフにはウチが出場する」と息巻いている。

 ちなみにスペイン2部ウエスカの元代表FW岡崎には<対岸の火事>に過ぎない。最終節前に来季1部昇格を決め、しかも最終節の勝利で2部逆転優勝まで転がり込んだからだ――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る