9月場所休場の白鵬が塗り替えたい「もう一つの横綱記録」

公開日: 更新日:

 いまや横綱が休んでも誰も驚かない。

 13日に初日を迎えた9月場所は白鵬(35)、鶴竜(35)の両横綱が初日から休場。2人以上いる横綱が全員初日からいないのは、1983年5月場所以来、37年ぶりの珍事というが、近年は休場が多い2人である。珍事と騒ぐほどのことでもないだろう。

 さすがに鶴竜の師匠である陸奥親方(元大関霧島)は弟子の進退に言及しているものの、白鵬にそんな気配はない。師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)は毎年正月に白鵬にお年玉をもらい、弟子の運転手を買って出ているという。これでは進退を問えるはずもなく、引退するもしないも白鵬の胸ひとつだ。

 白鵬は大相撲のめぼしい記録をほとんど塗り替えており、優勝44回に始まり、通算1170勝、年間最多勝10回などはいずれも歴代1位。さすがに今から双葉山の69連勝を超えるのは無理にしても、大半の記録は「後は数字を伸ばすだけ」という状況である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る