競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

公開日: 更新日:

 不倫相手とみられる女性は航空会社のCAで、19年2月頃にツイッターで瀬戸と繋がっており、同年6月には愛人関係に疲れたツイートもあったとか。2人の交際期間は2年弱とみられている。瀬戸にはその間、次女が誕生している。それだけに今回の一件は罪深い。

 イケメンかつイクメンで好感度も高い瀬戸だけに、ネット上では女性を中心に「あざとい!」の声が。民放関係者は「すでにネットで広まっているのに何もないフリはできない……瀬戸が所属するのはANAで、水泳日本代表オフィシャルスポンサーが味の素と、大企業がついている。ワイドショーなどテレビでどう扱うか、各局はスポンサーの様子を伺っています」と嘆く。

 芸能リポーターの川地天子氏がこう言う。

「瀬戸さんの今回の一件は、アンジャッシュ渡部建さんの“六本木トイレ不倫”と思考は同じ。女性をバカにしています。好感度の高い自分なら何でも許されるという傲慢さが裏にあったのでしょう。妻は夫を支えるモチベーションをくじかれ、恥ずかしい思いをさせられ、不倫相手も大切に扱っている様子もなく、2人の女性を不幸にしている。主婦たちも、不倫した手で子供を抱えて欲しくないと嫌悪感を募らせるのは必至で、スポンサーの味の素にとっては最も嫌うパターン。味の素の協力体制がこのままというわけにはいかないでしょうし、むしろ瀬戸さん自ら降りるべきでは」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る