翔猿がV争いトップ 押し相撲で進化、出稽古禁止も追い風に

公開日: 更新日:

 俊敏な相撲でライバルを制した。

 24日、新入幕の翔猿(28)が2敗で並ぶ若隆景と対戦。立ち合いで変化した若隆景に翻弄されることなく素早い対応を見せると、最後は叩き込みで決着をつけた。

 この日は大関貴景勝が不戦勝、正代も宝富士に勝って2敗をキープ。翔猿を含めたこの3人が優勝争いのトップ集団を走っている。

 仮に翔猿優勝なら、106年ぶりの快挙。新入幕力士の優勝は1914年5月場所の両国勇治郎以来、ひとりも出ていない。近年では14年に逸ノ城があと一歩まで迫ったものの、13勝2敗の優勝次点だった。

 親方のひとりは「翔猿はここ数場所でだいぶ変わった」と、こう話す。

「以前はしこ名通り、変化はするわ、跳びはねるわとせわしない相撲。安定感に欠け、十両でなかなか勝ち越せずに本人も悩んでいた。それが3場所前くらいから、下から下から突き上げるまっとうな押し相撲で勝負するようになると、一気に十両を抜け出して新入幕。今場所も硬くならずにリラックスし、相撲を楽しんでいるフシすらある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る