平幕・阿武咲が唯一5連勝でトップ 大ケガからの逆襲なるか

公開日: 更新日:

 平幕の阿武咲(24)が初日から5連勝と快進撃を続けている。

 17日は188キロの巨漢、碧山を押し出しで撃破。4連勝中だった新入幕の翔猿が敗れたことで、幕内で唯一の土つかずとなった。

 相撲王国青森県出身で、高校を中退して角界に飛び込んだ筋金入り。2015年1月場所で新十両、17年5月場所で新入幕を果たし、その年の11月場所では早くも小結として新三役の土俵を踏んだ。

 しかし、好事魔多し。18年1月場所中に右ヒザの十字靱帯を損傷して途中休場。翌3月場所も全休すると、それまで順風満帆だった相撲人生は暗転した。

 その後は十両1場所を経て返り入幕となったものの、平幕の上位と下位を行ったり来たりだ。

 かつては若手の成長株筆頭といわれ、白鵬稀勢の里(現荒磯親方)にも可愛がられていた逸材。それがたった一度のケガで大きくつまずいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    スガ政策はスカスカだ 国会で野党が追及すべき3つの問題

もっと見る