“瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

公開日: 更新日:

 そんなに騒ぎ立てることなのか。

 東京五輪男子競泳陣のエース、瀬戸大也(26)の不倫行為を24日発売の週刊新潮が報じ、テレビのワイドショーやスポーツ紙が大きく取り上げた。瀬戸本人は事実を認め、マネジメント会社を通じて、ファン、関係者、スポンサーに謝罪。元飛び込み日本代表で2017年5月に結婚した優佳夫人(25)も同時に謝罪のコメントを出したが、果たして大騒ぎするほどの問題なのか。

 16年リオ五輪の400メートル個人メドレーで銅メダルの瀬戸は、世界水泳などの国際大会で何度も金メダルを獲得。東京五輪でも金メダル候補である。

■泳ぎが速いだけ

 しかし、瀬戸は競泳選手として秀でた能力を有しているにすぎず一般人の「手本」になるために泳いでいるわけではない。ファンやマスコミは五輪メダルを期待しても、倫理や社会常識を求めるのは違うのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る