コロナ騒動に情報伝達疑惑…阪神ドタバタ球界から総スカン

公開日: 更新日:

 阪神が26日のヤクルト戦で、審判から情報伝達行為の疑惑を指摘された一件。審判側が、ネクストバッターズサークルにいた近本と井上打撃コーチがバックネット裏の記者席にいた記者とコンタクトを取ったと疑いを持ち、矢野監督に指摘。双方による口論に発展する異例事態となった。

 27日の試合前には、セ・リーグの杵渕統括が「NPBとしてはサイン盗みなどは誰も疑っていない」と“火消し”をした上で、矢野監督と谷本球団本部長に対し、審判のやりとりを通じて試合が止まり、スムーズに流れなかった点について謝罪したという。審判団も試合前のメンバー交換時に森審判が矢野監督に頭を下げた。

 阪神にとっては踏んだり蹴ったりだ。去る25日には選手、スタッフの計7人のコロナ感染を発表。同日のヤクルト戦は試合直前に一、二軍合わせて19選手もの入れ替えを行い、かろうじて試合を行った。NPBは臨時実行委員会を招集するなどドタバタ劇を招いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る