瀬戸大也の逃げ場 不倫騒動から逃れJOC強化拠点でおこもり

公開日: 更新日:

 キャビンアテンダントとのラブホ不倫が発覚した競泳日本代表のエース瀬戸大也(26)の周囲がかまびすしい。

 今週発売の週刊新潮の報道を機に、ネットメディアなどが、瀬戸の過去の女性関係や相手女性の素性を暴くなど、東京五輪金メダル候補による不倫騒動は収まる気配を見せない。

 瀬戸は10月17日開幕の日本短水路選手権(東京・辰巳)、同16日から11月中旬まで行われる国際水泳リーグ・ブダペスト大会の出場を予定している。毎年11月以降のオフシーズンは、米アリゾナ州など海外に渡って心肺機能を高める高地トレーニングに励んできた。

 陸上トレーニングも取り入れ、体づくりも並行して行い、翌年のシーズン開幕に備えてきたが、今年はコロナ禍により練習を目的とした海外への渡航は難しい状況だ。自宅のある都内に滞在すれば、マスコミ報道や周囲の好奇な目にさらされるのは目に見えている。

 さまざまな雑音を避けたいであろう瀬戸にとって唯一の逃げ場は、昨年10月に完成した長野県東御市の「アスリーツパーク湯の丸」だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ