プロがパーセーブにヘトヘト…タフなコースの大会は面白い

公開日: 更新日:

【日本オープン】最終日

 1打差2位発進の稲森佑貴(26)が手堅くパープレーを続け、17番ボギーの谷原秀人(41)をとらえて初めて首位タイに並ぶと、最終18番パー5は残り118ヤードの3打目を50度のウエッジでピン右2メートルにピタリ。稲森はそのバーディーパットを決めて逆転で2年ぶりに日本オープンを制し、ツアー通算2勝目を挙げた。

「今週はラフに入れないのが最大の目標だった。ティーショットを曲げないことをモットーに回り、無駄な一打を打たない。ある意味ガマン大会だと思っていた」(稲森)

 最終日最終組の2人は稲森が2バーディー、1ボギーの69。敗れた谷原は1バーディー、2ボギーの71。スコアの伸ばし合いではなく、ボギーをたたかず、数少ないチャンスをモノにできたかが、勝敗を分けたといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る