巨人坂本「2000安打→とっとと休養」プラン…残り15戦12本

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(31)が加速してきた。

 22日まで4試合連続で2安打。23日の阪神戦は五回に左前へ適時打を放ち、2000安打まで残り15試合で12安打とした。

 打率・329と得意としているヤクルト投手陣はやはり“カモ”だった。20日からの3連戦全てでマルチ安打を打たせてくれるのだからおいしい。そんなヤクルト戦を5試合も残している。前日までの3連戦ペースなら、5試合あれば10安打できる計算になる。今季中の達成が濃厚である。

 ただ、問題は敵でなく我にある。新型コロナウイルスの陽性反応から始まった今季、原監督が最もコンディションに気を配っているのがこの坂本だという。12月には32歳になる。満身創痍の体で戦っているからだ。

 7月に左脇腹を痛めて1試合欠場。2年前に3年ぶりに登録抹消となっている古傷だけに、再発となれば穏やかではない。今月は右足の張りを訴え、欠場や途中交代を繰り返した時期もある。さらに慢性的な腰痛も抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る