権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

阪神藤浪の再生 不安材料は安易で芸がないベンチの鈍感さ

公開日: 更新日:

 これが、きっかけのひとつにはなると思う。

 2013年以来となる中継ぎマウンドに上がっている阪神藤浪晋太郎(26)。9月29日の中日戦では3点リードの八回に登板し、プロ初のホールドを記録した。

 7年ぶりのリリーフは、一軍の選手、スタッフに新型コロナウイルスの集団感染が出たことによる緊急措置だが、かねて私は「先発でも中継ぎでも抑えでもいい、今の藤浪に必要なのは、とにかく一軍で投げさせながら自信を取り戻させること」と言ってきた。エースとして復活させる過程として、中継ぎ起用はアリだ。

 中5日、6日の登板間隔で投げる先発投手は、肉体的な負担は少ないものの、実はその“休養期間”が苦悩の要因になることがある。

 KOされても、取り返すチャンスがすぐに巡ってこない。最低でも4日間、悶々とした日を過ごし、ああでもないこうでもないと考え込むうちに、思考はマイナス方向へと入っていってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る