小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

アテネ日本代表「五輪の素人」が犯した全勝狙いの落とし穴

公開日: 更新日:

 2004年アテネ五輪に臨んだ僕ら日本代表には、2つの目標がありました。

 1つは言わずと知れた「金メダル」。もう1つは「全勝して病床の長嶋監督を勇気づける」ことです。

 しかし、この「全勝狙い」は、五輪ではありえなかった。予選リーグの相手はイタリア、オランダ、キューバ、オーストラリア、カナダ、台湾、ギリシャ。これに日本を加えた8カ国が総当たり戦を行い、上位4チームが決勝トーナメントに進出する。

■独特の駆け引き

 決勝トーナメントではこの4チームが2つの山に振り分けられ、準決勝が行われます。予選リーグの1位と4位、2位と3位が準決勝を戦い、勝者同士の決勝戦になる。

 ここに五輪ならではの駆け引きが生じます。自分たちと相性が悪い、あるいは苦手としているチームと準決勝で当たらないように予選リーグの通過順位を調整すれば、決勝に進める確率は高くなる。つまりひとつでも上の順位を目指すのであれば、全勝を目指す必要性なんてどこにもなかったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る