小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

無警戒だったオーストラリアの強さに面食らって浮足立った

公開日: 更新日:

 2004年アテネ五輪で、日本代表の前に立ちはだかったのがオーストラリアです。予選リーグ初戦のイタリア、そして難敵オランダ、強敵キューバを倒し、4戦目の対戦でした。

 正直に言えば、オーストラリアはほとんどノーマーク。当時、阪神で活躍していた剛腕リリーバーのジェフ・ウィリアムスがいましたが、それ以外に有名選手は見当たりません。後に阪神、ツインズなどに在籍したクリス・オクスプリングも当時はパドレス傘下、マイナーの無名選手でした。

 オーストラリアにも国内リーグがあること、MLB傘下のマイナーには同国出身選手がいることは知っていましたが、警戒するところまでいかなかった。

 さらに僕らの警戒心を緩めたのが打線です。オーストラリアの中軸を打っていたのは、00年に中日に在籍した「ディンゴ」ことデーブ・ニルソン。ブルワーズでは野茂英雄さんとバッテリーを組むなど捕手、一塁手、外野手として活躍した選手です。メジャーでは3割を打った年もありましたが、中日では日本人投手の変化球に対応できず、わずか18試合で打率・180。00年限りで退団しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る