小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

アテネ五輪準決勝敗退の日本代表救った長嶋監督からのFAX

公開日: 更新日:

 日本の先発、西武松坂大輔が初回3者連続三振と完璧な立ち上がりを見せれば、オーストラリア先発のクリス・オクスプリングも走者を出しながらも粘り強く日本打線を抑える。

 そんな展開で幕を開けたのが、準決勝のオーストラリア戦です。しかし、気持ちの上で僕らは完全に追い詰められていました。ひとつも負けないという目標が、予選リーグであっけなく吹き飛んだ上に、金メダルしかないという、もうひとつの目標もここで負けたら失ってしまうからです。

 一方のオーストラリアは「ここまで来たらやれるとこまでやろう」といったテンションだったに違いありません。悲壮感漂う日本とは異なり、オーストラリアはそもそもベスト4に残れるかどうかというチーム。

 メダル取りのプレッシャーと無縁とまでは言いませんけど、日本よりもリラックスした雰囲気だったのは間違いありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る