西武スパンジェンバーグ CS次第で契約延長どころか人気に

公開日: 更新日:

 CSでの活躍も期待できそうだ。

 4日、西武のスパンジェンバーグが4打数2安打、4打点と躍動。初回、日ハム先発の吉田輝星から適時打を放つと、二回には右翼最上段に15号3ランを叩き込み、吉田をKOした。この日は同率で並んでいたロッテが負けたこともあり、西武は単独2位に浮上だ。

 オフに年俸8000万円の1年契約で入団。キャンプから期待は高く、開幕直前の練習試合では34打数17安打と打ちまくり、辻監督以下、首脳陣を「これでレッズに移籍した秋山の後釜は決まった」と喜ばせた。

 しかし、日ハムとの開幕カードは14打数1安打。一時期はバットが下降線をたどるも、夏場に復調……したかと思えば、10月の月間打率は・177と安定感を欠いた。

「近年は『当たり』と判断した助っ人には、シーズン途中で早々と契約延長のオファーを出す球団が少なくない。ただ、スパンジェンバーグは成績が安定しない上、西武はかつてメヒアで痛い目を見ている。メヒアは3年目の2016年、35本塁打と活躍。この年の9月に、早々と3年15億円プラス出来高の契約を結んだものの、その後はケガや不調で出番が激減。3年間で34本塁打と期待を裏切った」(球団OB)

 スパンジェンバーグはもっか打率・268も、11月は同・462のバカ当たり。CSで結果を出せば、西武からの契約延長はもちろん、他球団からのオファーも夢ではない。西武がCSに進出すれば、ソフトバンクも要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る