西武スパンジェンバーグ CS次第で契約延長どころか人気に

公開日: 更新日:

 CSでの活躍も期待できそうだ。

 4日、西武のスパンジェンバーグが4打数2安打、4打点と躍動。初回、日ハム先発の吉田輝星から適時打を放つと、二回には右翼最上段に15号3ランを叩き込み、吉田をKOした。この日は同率で並んでいたロッテが負けたこともあり、西武は単独2位に浮上だ。

 オフに年俸8000万円の1年契約で入団。キャンプから期待は高く、開幕直前の練習試合では34打数17安打と打ちまくり、辻監督以下、首脳陣を「これでレッズに移籍した秋山の後釜は決まった」と喜ばせた。

 しかし、日ハムとの開幕カードは14打数1安打。一時期はバットが下降線をたどるも、夏場に復調……したかと思えば、10月の月間打率は・177と安定感を欠いた。

「近年は『当たり』と判断した助っ人には、シーズン途中で早々と契約延長のオファーを出す球団が少なくない。ただ、スパンジェンバーグは成績が安定しない上、西武はかつてメヒアで痛い目を見ている。メヒアは3年目の2016年、35本塁打と活躍。この年の9月に、早々と3年15億円プラス出来高の契約を結んだものの、その後はケガや不調で出番が激減。3年間で34本塁打と期待を裏切った」(球団OB)

 スパンジェンバーグはもっか打率・268も、11月は同・462のバカ当たり。CSで結果を出せば、西武からの契約延長はもちろん、他球団からのオファーも夢ではない。西武がCSに進出すれば、ソフトバンクも要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る