全日本大学駅伝で“密”発生…箱根「無観客」開催へ深刻懸念

公開日: 更新日:

 コロナ禍の中で開催された全日本大学駅伝は、駒大アンカーの田沢がラスト1キロで東海大の名取を振り切り6年ぶり13回目の優勝を決めた。

 今大会は、主催者(日本学生陸上競技連合など)が感染拡大防止の観点からコース沿道での観戦、応援を控えるお願いをしていたが、中継所周辺などには多くのファンが集まり、ゴールの伊勢神宮前には数千人が密集していた。

 現地では「応援自粛はわかるが、出場校ののぼり旗や横幕まで規制するのはやり過ぎだ」という声もあった一方で、いくら現地での応援自粛を求めても、やっぱり「密」になるほど人が集まることがわかった。

 そこで懸念されるのが1月の箱根大学駅伝だ。都心の大手町と箱根の山を2日間で往復する「正月の風物詩」は、1区から10区まで、ほとんどどこからでも観戦できる環境にある。「観戦、応援はテレビでお願いします」といったところで、舞台は公道だ。ファンの数は今大会の比ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る